41歳から婚活開始・・・そして1年後に結婚を実現させた婚活方法

婚活でなかなかうまく進まなくて苦痛を感じている貴方へのアドバイス

kousui
この記事では、婚活で苦痛を感じている男性に向けて、婚活で同じような経験をしそこから脱却できた男性の体験談を紹介します。婚活がなかなかうまく行かずに苦痛を感じている方の参考になれば幸いです。

婚活をしていて、女性と上手く良い関係が作れなくて苦しんだ経験はありませんか?

どうしたら婚活を上手く進めることができるのだろうかって悩んだ経験はありませんか?

この記事では、婚活を続けてもなかなか結果が出ずに苦痛を感じているあなたのために、3つの大切なポイントを紹介します。

3つの大切なポイント

  • 婚活で苦痛を感じたときはリフレッシュしよう
  • これまでの婚活を振り返り反省点を次へ活かそう

この記事を読んでいただければ、婚活の苦痛から解放されます!

婚活で苦痛を感じ続けた時はリフレッシュしよう

婚活で「苦痛」を味わい続けると、モチベーションを維持するのは難しくなります。そういう時は、一度婚活から少しだけ離れてみるのもいいかもしれません。

モチベーション低下の状態で、婚活イベントなどに臨んでいても、コミュニケーションの構築は難しくなります。そんな心理状態では、婚活を成功させることはできません。

そんなときは、一度婚活から離れリフレッシュしてみることをおすすめします。そうするで、心機一転新しい気持ちで婚活イベントに参加することできますし、一度離れ期間を空けたことで、モチベーションがアップし「恋愛や結婚をしたい」という欲が復活していくことでしょう。

これまでの婚活を振り返り反省点を次へ活かそう

そして、充電期間が終え、再度婚活をはじめた際には、これまでの婚活を一度総括し振り返ってみることをおすすめします。

第三者の視点で、これまでなぜうまくいかなかったのかを冷静に分析してみることです。そしてそこで気づいた反省点をこれからの婚活に活かしていきましょう。

例えば、「あの時こういう話をしてみたが、相手の反応がよくなかった」「会話のテンポがよくなかった」など、うまく行かなかった原因を考え、じゃあどうしたら相手は良い反応をしてくれるのかを考えましょう。

いくつか話題を準備しておくということも大切なことです。イベントに臨むにあたり、会話の準備することでスムーズに会話が進んでいくことは間違いないと考えています。コミュニケーションの構築というのはそういうところから始まります。

婚活がうまくいかず苦痛を感じているのなら、そういうところからしっかり準備していくことが大事かもしれません。

婚活で苦痛を感じている方へ伝えたいこと

婚活という言葉が世の中で出回っておおよそ10年が経過します。その間、全国で婚活パーティーだの、レクリエーションなど多くのイベントが開催されてきました。

実際に私も多くの婚活イベントに参加したことがありますが、うまく意中の女性と出会うこともあったり、全くかすりもしなかったこともありました。

そんな経験から学んだことは、コミュニケーションの重要性です。それにはまずは「場数をこなす」ことが大事だなと気づきました。

これまで、私は女性をお話する機会はほとんどありませんでした。そのため婚活で女性とお話するこてゃとてもいい機会になりました。

「コミュニケーションを取る練習をする」ことで、会話することに慣れるようになります。一度イベント参加しただけでは、会話に慣れるのは難しいため、複数回イベントに参加し会話に慣れていきましょう。

最後に

どんなに一生懸命婚活をしていてもなかいい人に巡り合えないから苦痛を感じてしまう・・・

そんな時は、一度相手の条件を下げてみてください。理想の女性にはそう簡単に出会えないのが現実です。

理想は下げれば、その分女性と出会える確率はぐっと上がります。

今、苦痛を感じている人には、是非この記事を読んでいただきたいです。

当サイトの管理人は41歳から婚活をはじめ、42歳で14歳年下の女性と出会い結婚しました。そんな僕の婚活方法やコツなどを紹介しています。ぜひご一読ください。

関連記事

\40代婚活経験者が語る!/ 今から婚活をはじめても遅くないだろうか。 何の取り柄もない自分が結婚できるか不安だなぁ。 仕事も忙しいし婚活したくてもどうすればいいのやら。あなたは今こんな悩みを抱[…]

IMG