41歳から婚活開始・・・そして1年後に結婚を実現させた婚活方法

出会いがない悩みを抱えている一人暮らしの男性の原因とは?

「一人暮らしをしているけれどなかなか出会いがない」「忙しくて婚活をする暇がない」など、一人暮らし男性の中には、結婚願望はあるけれど、忙しくてなかなか相手を見つけられないと悩んではおりませんか。

確かに一人暮らしをしてると自分ですべき事が多く、婚活に時間が取れないのも実情です。

ただ婚期が遅れているのは、忙しくて女性と出会う機会が無いだけではなく、他の原因が隠れているかもしれません。

真剣に婚活に向き合おうとすると、隙間時間でもお相手探しは出来るものです。

この記事では一人暮らしの男性が結婚に遅れがちになる理由を紹介します。

思い当たる節があれば、考えを改めて婚活にも前向きになれるかもしれません。

出会いがない一人暮らしの男性は結婚が遅れがち

クローゼット

世間一般的には実家暮らしを続ける男性より、一人暮らしをしている男性の方が結婚しやすいイメージがあるかもしれません。

女性側からすると、実家で親に甘えて生活している人より、早めに自立して生活している男性の方が頼りになるように感じられるのです。

しかし実は一人暮らしの男性は、実家暮らしの男性とは別の理由で結婚が遅れがちになる人もいます。

出会いがない一人暮らしはそもそも出会う機会がない

一人暮らしの男性の結婚が遅れがちになる理由として、まず女性との出会いがない事が挙げられます。

単純に職場に女性が少ない、結婚を考えられるような相手がいないといった理由は、一人暮らしに限らず、結婚出来ない男性からよく発せられる理由です。

ただ一人暮らし男性の言い分としては、出会いを探すための時間が無いという声も聞かれます。

そもそも一人暮らしをしていると、料理や洗濯、掃除などの家事は全て自分でこなしていかなければいけません。

料理はせずに外食や惣菜で済ませる、掃除は適当にゴミを拾って終わりなど、人によっては家事にあまり時間を費やさない人もいますが、こだわる人はとことん突き詰めます。

洗濯をすればアイロンがけも行って収納する、水回りは毎日隅々まで磨き上げるなど徹底している人は、家事をするのにも時間を要します。

生活の基盤をしっかりしていなければ仕事にも悪影響が出るため、もし平日は残業が続くようであれば、溜まった家事は週末に持ち越す事になります。

つまり生活していくだけで手一杯になり、街コンや合コンなど出会いを求めて出歩く事に消極的になってしまうのです。

まだ大丈夫という安心感がある

安心感

一人暮らしをする男性は、食事仲間にしても飲み仲間にしても必然的に同じような境遇の人と一緒に行動する事が多くなります。

同じ考えを持つ仲間がいれば心強く感じられ、結婚の良さには目を向けず、結婚しない事を正当化しようとする傾向にあります。

心の奥底では「いつか結婚したい」と考えていても、周りに独身仲間がたくさんいる間は気持ちに余裕があります。

まだ結婚しなくても大丈夫という安心感が婚期を逃す理由にもなります。

結婚の必要性を感じない

一人暮らしをする事によって、ある程度の家事をこなせるようになった男性の中には、結婚の必要性を感じない人もいます。

特に几帳面であったり、完璧主義、何かとこだわりの強い人は、女性に任せるより自分でやった方が間違いないといった考えを持っている人も少なくありません。

さらに悠々自適な独身ライフを楽しんでいると、結婚して自由を奪われる、趣味や遊びにお金を費やせなくなる事に不満を感じます。

わざわざ無理をして結婚してまで、自分の自由を失いたくないといった思いもあるのです。

元々1人で過ごす事が好きな男性もおり、あまり結婚に興味がない人なら婚期が遅れるのも自然な事と言えます。

結婚のプレッシャーをかけられる機会が少ないため婚期を逃しやすい

女性と出会う機会がない、周りに独身仲間がいるから大丈夫、結婚に興味が持てないなど、結婚が遅れる理由はいくつか挙げられますが、環境は違えど実家暮らしの男性にも当てはまる理由です。

ただ実家暮らしの男性は、将来の行く末を心配する親から結婚のプレッシャーをかけられる事も多いです。知り合いを頼ってお見合い話を持ち掛けてきたり、結婚相談所やお見合いパーティーなど勧めてくるなど、何とか息子を結婚させようと世話を焼いてくるのです。

最初は適当にはぐらかしていても、常に親の傍にいると、親が心配する気持ちも理解できるようになります。またしつこさから根負けして、渋々親の言う通りに従っていく人も出てきます。

一人暮らしをする男性も、もちろん両親から結婚の心配をされているかもしれません。

ただ実家に帰る事が滅多になければ、親と顔を突き合わせて話す機会もほとんどありません。

電話やメールなどで結婚を促すような事を言われても、自分が本気で結婚したいと思っていなければ、なかなか婚活にも前向きになれないものです。

一人暮らしの男性と実家暮らしの男性の違いは、結婚に対してプレッシャーをかけてくる人が身近にいるかいないかの違いで、自分の気の向くまま一人暮らしを謳歌する男性は結婚に焦りを感じず、つい結婚が遅くなってしまうと言えます。

出会いがないなら自ら出会いを求めていこう

頑張る

結婚に興味が無い人であれば仕方ありませんが、少しでも結婚したい気持ちがあるならば、自

時間に余裕が無ければ、婚活アプリに登録して、隙間時間に相手を探すという方法もあります。

年齢を重ねれば出会いの数が減っていく事も忘れてはいけません。

基本的に一人暮らしをする男性に好意的な女性は多く、年齢が若いほどチャンスは多くなります。ほんの少しの努力で、未来も大きく変わるかもしれません。

当サイトの管理人は41歳から婚活をはじめ、42歳で14歳年下の女性と出会い結婚しました。そんな僕の婚活方法やコツなどを紹介しています。ぜひご一読ください。

関連記事

\40代婚活経験者が語る!/ 今から婚活をはじめても遅くないだろうか。 何の取り柄もない自分が結婚できるか不安だなぁ。 仕事も忙しいし婚活したくてもどうすればいいのやら。あなたは今こんな悩みを抱[…]

IMG