41歳から婚活開始・・・そして1年後に結婚を実現させた婚活方法

結婚を焦るそれゆえに辛いあなたが結婚へ近づけための方法とは

早く結婚したいと思っているのに、中々一歩が踏み出せずにいる男性が増えています。

婚活を始めても自分と交際を始めてくれる人がいるのか、先々のことを考えると辛い気持ちになってしまうからでしょう。

そんな不安を解決するためにはいくつかのポイントがあります。

婚活への意欲を高め、パートナー獲得に向けて必要なことを実践しましょう。

結婚を焦る・辛いと感じているあなたが結婚に近づくためのポイント

コツと注意点

自分自身を知り、表情にも関心を持とう

早く結婚したいと焦る気持ちは理解できますが、まずは自分を知る必要があります。

焦っていると何をやっても空回りしてしまいがちですし、そんな状態だと婚活そのものに支障が出てしまいます。

鏡を見て、自然な今の自分自身の表情を確認してみましょう。

焦りが表情に出ていると、無理をしている顔になっているかもしれません。

単純に表情を直せば良いということではなく、今の精神状態を把握することが大切です。

完璧は捨てて一つのことに集中する

焦りやすい人は完璧を求めすぎる傾向があります。

そのため、ちょっとした失敗を辛い経験として引きずってしまいやすいです。

完璧な状態を求めすぎるあまり、思い通りにいかないことがあると焦ってしまいがちになるのです。

一方、結婚に焦っていない男性は結婚そのものに対してノンビリ構えている傾向があります。

他人と比較して奮起することは向上心があって良いことですが、必要以上にプレッシャーを感じると良い結果は訪れにくいものです。

焦りから発生する辛い気持ちを抑えるには、多少の失敗があっても次があると割り切ることが重要です。

一人の人間にできることは限られていますから、やれることだけ集中して行うようにしましょう。

苦手なことは結果が出にくいので焦りに繋がります。

まずは数ヶ月かけてダイエットを行うなど、余裕を持って目標を立てれば焦ることも少なくなります。

結婚に向けて自分磨きをする場合は継続できることに絞って努力をしましょう。

できるかも精神でいつだって前向きに

気持ちが前に向いていれば、どんな結果も次に繋げられるはずです。

良い結果が生まれるかもしれないと常に思っていると、前向きな結果が出たときに呼び込んだ気になれるでしょう。

好みの女性と仲良くなれるかもしれませんし、そんな女性とデートの約束ができるかもしれません。

前向きな思考は前向きな発想に繋がります。

駄目だったときのことを考えていると必要以上に焦ったり覇気が失われてしまい、折角の出会いも遠のいてしまいます。

対人では自信があるように見られるのも大切なことですから、意識して良い結果を呼び込みましょう。

疲れたら休んだって問題なし

結婚に焦って婚活そのものに疲れてしまうときもあります。

そんなときは一度、婚活から離れてみましょう。婚活を中止するのではなく、休止することで気が楽になるはずです。

時には立ち止まって落ち着くと良い結果が生まれることもあります。

自分のペースを取り戻し、また相手を探してみる気になったら自分のタイミングで再開しましょう。

焦らず自分らしさを大切に

結婚して幸せになりたいと考えると焦ってしまいがちですが、焦りは自分を見失います。

結婚の先に幸せが待っているような印象がありますが、実際は幸せを求めたら通過点として結婚があったということが多いです。

生の道のりは長いですから、気長に自分のリズムを崩さず相手を見つけましょう。

素のままの自分を受け入れてくれる人との出会いが結婚への第一歩です。

言い訳をやめよう

言い訳は辛い自分自身を甘やかしてくれますが、目的を達成するためには不要です。

言い訳の原因の大半は望まない結果を受け入れられないからです。

失敗や辛い結果を受け入れるのは大変ですが、乗り越えることはこれからの自分に必要なことです。

意中の相手とのやりとりが上手くいかなかったとしても、それはこの先何万回もあるやりとりの一つに過ぎません。

次はもっと相手が喜ぶことをしようと心がければ、失敗も経験として上書きされるはずです。

言い訳を癖にせず、何かを学んだ経験として同じことを繰り返さないようにしましょう。

勇気があるから婚活に頑張っている自分を褒めよう

頑張ろう

婚活に踏み切る勇気がないという人がいますが、それは当然のことです。

誰しも新しい出会いは不安を感じるもので、むしろ冷静に状況を把握できている証拠です。

本当に勇気がないのであれば、婚活そのものを考えないようにしてしまうはずです。

諦めずに一歩を踏み出そうとしている人は、未来を掴み取ろうとしている勇敢な人です。

勇気がないと思い込まず、結婚に向けて前を向いている姿勢を自分で称賛しましょう。

意中の相手に断られて辛い気持ちになっても、次は良い人と巡り合えると信じることが大切です。

諦めなければ理想の女性と出会える可能性を持ち続けることができます。

成功者に共通していることは諦めずに継続していたということですから、次を信じて挑戦し続けましょう。

当サイトの管理人は41歳から婚活をはじめ、42歳で14歳年下の女性と出会い結婚しました。そんな僕の婚活方法やコツなどを紹介しています。ぜひご一読ください。

関連記事

\40代婚活経験者が語る!/ 今から婚活をはじめても遅くないだろうか。 何の取り柄もない自分が結婚できるか不安だなぁ。 仕事も忙しいし婚活したくてもどうすればいいのやら。あなたは今こんな悩みを抱[…]

IMG