41歳から婚活開始・・・そして1年後に結婚を実現させた婚活方法

一人っ子にかかる結婚のプレッシャーは重大?婚活で解消できる?

一人っ子に重くのしかかる負担といえば、結婚です。

自身は独り身でいいと思っていても両親や親戚、職場からの目線が時々冷たく感じることもあるでしょう。

また、自分は結婚したいと思っていても一人っ子であることがマイナスになるのでは、と考えている人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな一人っ子特有のプレッシャーや、その解消法をご紹介します。

独身の一人っ子にかかるプレッシャー

自分では今の生活に満足しているものの、いざ両親や親族と会った際に結婚の話題を出されると心に罪悪感が芽生えてしまう、

特に他に兄や弟、姉や妹のいない一人っ子の方は、孫が見たいとせがむ両親の期待に応えられるのは自分しかいない、というプレッシャーを自ずとかけてしまいがちです。

自分が結婚して子供を授からなければ家系が途絶えてしまう、という事情を抱えている人もいるでしょう。

一人っ子のあなたは、結婚の問題をなかなか他人に打ち明けにくく、それゆえ結婚の縁に恵まれずにいると、両親や親戚と会うことが辛くなってしまうことも少なくありません。

女性は一人っ子と結婚したがらない?

結婚を考えている女性の中には、相手が一人っ子だと、将来の両親の介護問題や親戚づきあいを全て一任されると考え、敬遠してしまう人がいます。

また一人っ子は、わがままな人が多く、母親の愛が強すぎて嫁姑問題で揉めそう、という固定観念を持っている人もいます。

婚活をした経験がある方は、そのような考えの女性と出会い、自信を失った方もいるのではないでしょうか。

しかし、一人っ子だからといってマイナスなイメージばかりとは限りません。

実際に一人っ子の男性と結婚した女性には、次のように語り、良好な関係を築けているという人も多いのです。

  • 男性の両親が自分を本当の娘のように可愛がってくれた
  • 孫を溺愛してくれた
  • 将来両親に何かあった際に金銭問題で揉めることがない

一人っ子はプラスの面もたくさあります。婚活を行っても、一人っ子が理由で避けられるということはないと考えてよいでしょう。

結婚を考えているなら行動を起こそう

今は独身だが、将来的には結婚したいと考えているものの、出会いがなく気がつけばアラフォーになっていたという人も多いのではないでしょうか。

職場が男性ばかりでそもそも女性との出会いがない、交際経験があまり無く女性にどうアプローチしていいのか分からないと迷っている間にどんどんと時は過ぎていってしまいます。

結婚し子供が欲しいと考えているのであれば、出来るだけ早く行動を起こす必要があります。

良い女性とめぐりあうために必要なこと

一人っ子でプレッシャーを感じ、できるだけ早く結婚をしたいのであれば、やはり結婚相談所や婚活サイトに登録するのばベストでしょう。

特に婚活サイトはWEBサイトから自身のプロフィールを登録し、すぐに婚活を始められますし、結婚相談所は、結婚相手を探している女性が登録しているので、無駄がなく効率的に結婚まで話を進められます。

もとろん知人や友人に事情を話し良い女性を紹介してもらうのも良いのですが、やるべく早く結婚相手を探したいのであれば、やはり多くの結婚したい女性が登録している結婚相談所や婚活サイトを利用するのが良いでしょう。

そして、自身が一人っ子であることは、事前にプロフィール記載しておきましょう。

また相手女性の条件に、一人っ子でも問題ない女性を希望しておけばさらに良いですね。

ポイントは焦りすぎないこと

婚活を成功させるには、焦りずぎないことが大切です。

特にアラフォーに差しかかると、将来のことを考え結婚を焦ってしまう人も少なくないでしょう。

しかし、その焦りは確実に相手の女性に伝わります。焦っていることが伝わると相手は引いてしまいなかなか心を開いてくれません。

一人っ子ゆえに、結婚を急がせる両親からのプレッシャーから婚活をはじめ、前向きになれない方もいると思います。

しかし、結婚は自分のためにするものであるおとを自覚し、落ち着いて理想の女性との出会いを見つけていきましょう。

結婚に焦ってしまう時こそ、なぜ結婚するのかを自身に問いかけることも大切です。

当サイトの管理人は41歳から婚活をはじめ、42歳で14歳年下の女性と出会い結婚しました。そんな僕の婚活方法やコツなどを紹介しています。ぜひご一読ください。

関連記事

\40代婚活経験者が語る!/ 今から婚活をはじめても遅くないだろうか。 何の取り柄もない自分が結婚できるか不安だなぁ。 仕事も忙しいし婚活したくてもどうすればいいのやら。あなたは今こんな悩みを抱[…]

IMG