41歳から婚活開始・・・そして1年後に結婚を実現させた婚活方法

出会いがないと嘆く前に薬剤師だからできる婚活術

  • 結婚したいのに、薬剤師という仕事柄出会いがない
  • どうやったら出会えるのか分からない

結婚したいという思いがあっても、社会人になるとなかなか出会いの場がないですよね。

さらに薬剤師というお仕事柄、一般企業に勤めるサラリーマンより、職場での出会いも少ないので、なおのこと難しさを感じているかもしれません。

この記事では、結婚したいのに出会いを見つけられないという悩みを持つ、薬剤師のあなたに向けて記事を書いています。

出会いをゲットするためには、「自分から行動すること」が一番大切なんです。

薬剤師という立派な職業に就いているあなたなら、やり方次第では今からでもパートナーを見つけて結婚することは十分可能です!

この記事を読んだことによって、すぐに実践できる新しい出会いの見つけ方がわかるようになります。

ぜひ良い出会いを見つけてくださいね。

出会いがない薬剤師は婚活系サービスを有効活用すべし

婚活サービス

薬剤師の出会いの場としておススメする1つに、婚活系のサービスがあります。

どうして婚活系のサービスがおススメかと言うと、薬剤師という職業が婚活市場で女性がパートナーに求める条件にたくさんマッチしているからなんです。

薬剤師が婚活市場で人気の理由

薬剤師が婚活市場で人気の理由は以下です。

・年収が比較的高い
・働き方や働く場所をパートナーに合わせやすい
・失業リスクが低い

結婚後も出産後も仕事を続ける女性の方が圧倒的に多い現代、パートナーの仕事を優先して働き方を柔軟に変えられるのは、薬剤師という仕事の大きな魅力です。

婚活系のサービスとは?

婚活系のサービスとひと口に言っても、色々なサービスがあります。

  • 婚活パーティーに参加する
  • 結婚相談所に登録して、お見合いをする
  • 街コンに参加する
  • 婚活アプリを使う

職場によって、土日含むシフト勤務や夜勤など、薬剤師の働き方は様々です。

あなたの働き方や性格に応じて、婚活系のサービスを上手に使い分けましょう。

パートナーの仕事に合わせてフレキシブルな働き方ができる薬剤師という職業は、婚活市場で人気のある職業の一つです。

強みを最大限にアピールして、良い出会いを見つけましょう。

薬剤師の職場での出会いはあまり期待できない

薬局

薬剤師であるあなたの職場での出会いの少なさをよく把握した上で、出会いを見つけるためにはあなた自身がアクティブに行動する必要があります。

そもそも薬剤師に限らず、社会人になると毎日職場と自宅の往復だけで終わることも多く、出会いの場は限られてきます。

薬剤師の数は男性より女性の方が多いので、一見出会いもあるように思えますが、一般企業のサラリーマンよりも薬剤師の出会いが少ない理由は、女性の薬剤師の働き方にあります。

例えば、薬剤師のよくいる職場を思い浮かべてください。

調剤薬局や病院、ドラッグストアを思い浮かべる人が多いと思いますが、いずれも出会いのチャンスはかなり少ないと思ってください。

なぜなら、特に調剤薬局やドラッグストアに勤める薬剤師は、既婚者のパート勤務の女性が多いからです。

一方、病院勤務の薬剤師の中には独身女性も時折いますが、パートナーがすでにいる可能性もあります。

そのため、仮に職場の男女比率が同じくらいだとしても、毎年未婚の新入社員が入社してくる一般企業と既婚者が多いあなたの職場、2つのうちどちらに出会いが多いかは明白ですよね。

つまり、いくら職場に出会いを求めて待っていても、運よく独身の女性と出会える可能性は低いため、職場以外で出会いを見つける必要があるということです。

出会いは待つものではなく作るもの

パーティー

前章でお伝えした通り、薬剤師に職場での出会いは期待できません。待っていても出会えないなら、自ら出会いのチャンスを作ればいいのです。

具体的な出会いの作り方

  • 未婚女性の多い職場に転職する
  • 新しい趣味を通じて出会いを求める
  • 学生時代の同窓会に参加する
  • 友人に紹介してもらう

どの方法があなたに合うのかは分かりません。時間が許すなら、複数試してみてもいいでしょう

また、出会いの場をうまく作れても、たまたま良い出会いがないかもしれません。

でも、アクションを起こすことによって人脈が広がり、そこから良い出会いに繋がる可能性もあります。

何がきっかけになるのかも、いつチャンスがあるのかも、分かりません。

待っているより、まず積極的に自分から動いて、良い出会いを掴みに行きましょう!

婚活のための転職はおすすめしない

ステップアップ

薬剤師は常に人手不足の職業なので、転職は比較的しやすいでしょう。

でも、婚活だけのために転職することはおススメできません。なぜなら、転職したからと言って、必ず良い出会いに恵まれるとは限らないからです。

例えば、薬剤師の人気職種にMRがあります。社内外で様々な人との関わりがある仕事なので、調剤薬局やドラッグストアなどに比べれば出会いのチャンスは、少し増えるでしょう。

でも、必ずしもそこにあなたにぴったりな独身女性がいるとは限りません。

わざわざ転職したのに、結局出会えなかったし、前の職場の方が働きやすかった…なんてことになっては本末転倒。

勤務条件などに不満が元々あって転職を希望していたのなら別ですが、婚活のためだけに転職するというのにはリスクがあるので、避けた方が無難です。

アクションを起こして出会いの場を作りに行こう

頑張る

薬剤師は待っていても職場に出会いは期待できないので、自分で積極的に動いて出会いのチャンスを作ることが大事です。

婚活のためだけに転職することは、職場環境を悪化させるリスクを伴うため、避けた方が無難です。

安定した高い年収とフレキシブルな働き方ができる2つの大きな強みを持つ薬剤師という仕事を武器に、婚活系のサービスを上手に活用して良い出会いを見つけましょう。

当サイトの管理人は41歳から婚活をはじめ、42歳で14歳年下の女性と出会い結婚しました。そんな僕の婚活方法やコツなどを紹介しています。ぜひご一読ください。

関連記事

\40代婚活経験者が語る!/ 今から婚活をはじめても遅くないだろうか。 何の取り柄もない自分が結婚できるか不安だなぁ。 仕事も忙しいし婚活したくてもどうすればいいのやら。あなたは今こんな悩みを抱[…]

IMG