41歳から婚活開始・・・そして1年後に結婚を実現させた婚活方法

独身証明書とは?婚活で必要な理由や独身証明書の取得方法を知ろう!

結婚相談所では独身証明書は必須ですが、婚活サイトでは、必須としているサービスと任意提出のサービスにわかれます。

独身証明書を提出することで、お相手からの信用度がアップし、安心感を与えることができますので、なるべく提出したほうがよいでしょう。

この記事では、そもそも独身証明書とはどのような証明書なのか?そして具体的な取得方法などを紹介しています。

これから婚活を行う予定の方は、ぜひ独身証明書を準備しておきましょう。

独身証明書とは?

独身証明書とは「法的に婚姻関係がない」ということを証明する書類になります。

独身証明書には以下の2種類あります。

  • 結婚情報サービス・結婚相談業者提出用証明書
  • 婚姻要件具備証明書

結婚相談所や婚活サイトに提出するのは、「結婚情報サービス・結婚相談業者提出用証明書」です。

もう1つは「婚姻要件具備証明書」と呼ばれ、国際結婚や外国方式の婚姻をする際に、関係する国の領事館や大使館に提出します。

このように、独身証明書は使用する目的によって種類や取得方法・提出先が異なるため、事前に確認してから用意しましょう。

今までは、戸籍謄本や戸籍抄本を提出することで独身の証明を行っていました。

しかし、本人の生い立ちや家族の個人情報が記載されていることから、本人のみを記載する独身証明書ができたのです。

婚活で独身証明書が必要な理由とは?

結婚相談所や婚活サイトは、真剣に結婚相手を探している人が登録します。

そして、プロフィールなどから相手がどんな人なのかを確認していくことになります。

このプロフィールがどれだけ信用できるのか?既婚者や結婚詐欺を企んでいる人が登録していないかなど、不安を感じている相手もいるでしょう。

日本では、民法の732条で「重婚」を禁止しています。

結婚相談所や婚活をサポートする婚活サイトでは、独身証明書の提出してもらうことで、違法行為や結婚詐欺などの犯罪を未然に防いでいるのです。

よって、結婚相談所や一部の婚活サイトへ入会する時には、独身であることを公的に証明できる独身証明書が必須になります。

相手が独身と証明されれば、多くの登録者が安心して婚活を行うことができます。そのため積極的に活動していく人も増えていくでしょう。

ちなみに、本人確認書類である免許証やパスポートだけでは、独身であることの証明にはなりません。

独身証明書の取得には「手渡し」と「郵送」がある

独身証明書は結婚していないことを「戸籍」によって証明するため、自治体の役所で取得できます。

ただし、本籍地の戸籍で証明しなくてはなりません。

独身証明書は区役所や市役所・出先機関の出張所で取得できますが、実家の住所や現住所と本籍地が異なる場合は注意が必要です。

本籍地を知るためには、本籍地が記載された住民票で確認するといいでしょう。免許のICチップや両親に聞くことでも確認できます。

独身証明書の取得には、役所へ直接出向き手渡しで取得する方法と郵送で取得する方法があります。

急ぐ場合や役所が近くにある場合は、役所へ出向くとその日のうちに取得可能です。

役所へ直接行き申請する場合に必要なもの

  • 独身証明申請書
  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 発行手数料

役所へ直接行く場合は、「独身証明申請書」「本人確認書類」「印鑑」「発行手数料」を持っていきます。

独身証明申請書は、役所に置いてあるので、その場でもらって書いても構いません。

ただし、事前に記入しておきたい場合は、役所のホームページや結婚相談所の公式サイトからダウンロードし、記載しておくとよいでしょう。

本人確認書類は、マイナンバーカードや運転免許証・パスポートなど、顔写真が付いているものが有効です。

健康保険証は、追加の書類が必要な自治体もあります。

申請書には捺印箇所があるため、その場で記入する時には認印の印鑑が必要です。

発行手数料は自治体ごとに異なりますが、300円前後になります。

郵送で申請する場合に必要なもの

  • 独身証明申請書
  • 本人確認書類のコピー
  • 発行手数料相当の定額小為替
  • 返信用封筒

独身証明書を郵送で申請する時には、「独身証明申請書」「本人確認書類のコピー」「発行手数料相当の定額小為替」「返信用封筒」を用意します。

独身証明申請書は事前に取得し、必要項目の記入と認印による捺印が必要です。

運転免許証などの本人確認できる書類をコピーし、それも同封します。

郵送での申請で大切なのが、発行手数料は現金ではなく、定額小為替にすることです。

事前に該当する自治体の発行手数料を調べておき、その金額相当の定額小為替を郵便局で購入します。

返信用封筒には切手を貼り、自分の住所と名前を記載しておきましょう。

信用度アップのため独身証明書は提出しておきましょう

独身証明書は婚活相手からの信頼感も得やすく安心して婚活するために必要な書類です。

婚活を成功に導くためにぜひ提出しておきたい書類です。

独身証明書の取得方法には、役所へ出向くだけでなく、郵送もあります。

直接取得するのが恥ずかしいと思う場合は、郵送で行うのも手段です。

これから婚活をしようと思っている方は早めに準備しておきましょう。

当サイトの管理人は41歳から婚活をはじめ、42歳で14歳年下の女性と出会い結婚しました。そんな僕の婚活方法やコツなどを紹介しています。ぜひご一読ください。

関連記事

\40代婚活経験者が語る!/ 今から婚活をはじめても遅くないだろうか。 何の取り柄もない自分が結婚できるか不安だなぁ。 仕事も忙しいし婚活したくてもどうすればいいのやら。あなたは今こんな悩みを抱[…]

IMG